株式会社レイル 募集要項 エントリーはこちら
あなたを待つ夢の数々
新しい【価値】の開発!社会的【富】の創造!
一流コンサルタントへの道
一国一城の主 ある日突然社長へ
キャリアプラン
キャリアプラン図
年収一千万円への道
先輩社員の声
レイルの挑戦
会社概要
会社沿革
企業理念
レイル10年後の姿
外食経験者同時募集
レイル外食店舗一覧
レイル10年後の姿

すでに走り出しているプロジェクト

 現在、熱きアントレプレナーたちにより二つのプロジェクトが走り出しており、さらに着々と準備を進めているもう一つのプロジェクトが存在します。

外食事業FMFプロジェクト

 一般的なマルチフランチャイズとは異なり、ザー(本部)とジー(加盟店)という両方の立場で複数の業態・複数のブランドを手がけ、シナジー効果を及ぼしながら、外食事業を広範に展開することを目指しています。

人財事業HWPプロジェクト

 サービス業に特化した様々な人的支援を行います。サービス業はまさにヒューマンビジネス。「人」に関わる命題を多角的に捉え、独自に構築したノウハウを提供します。また、ここで育成された多くの人財が各企業のニーズに的確にお答えします。

メディア事業MCCプロジェクト

 電子媒体・紙媒体・電波媒体など、日々進化し続けるあらゆる媒体を通じ、人々の感動を呼び起こす創造性豊かなコンテンツを世界に発信します。

10年後の姿

プロジェクトの未来

 各プロジェクトは法人化します。(例:Aプロジェクト⇒A株式会社)。各プロジェクトは、一定の成長段階で合理的な判断に基づいて法人化します。A株式会社の代表取締役社長には、それまでのプロジェクトリーダー(A氏)が就任します。
  つまり、プロジェクトで起ち上げた事業を成長軌道へと乗せたのちに法人化するわけですから、個人が企業するより遥かにリスクが少なく、また幾度もチャレンジできるチャンスがあると言えるでしょう。しかも、A氏は大株主として実権を握り引き続き手腕を発揮します。いわゆるサラリーマン社長ではありません。そしてこのように誕生する各法人の資本構成は、各代表取締役社長と彼ら同士で構成するグループ持株会とで大半を占めます。各法人同士はプロジェクト単位で培ったシナジーをより効果的に活用し、さらに高い次元へと成長を遂げます。

次へ進む

先頭へもどる